« March 2004 | Main | May 2004 »

April 2004

2004.04.27

PEFC

PEFC
 File No.11
 日  付:2004年4月23日日本経済新聞社
 用  途:家庭用燃料電池
 型  式:固体高分子形燃料電池(PEFC)
 燃  料:都市ガス(天然ガス)
 製  造:株式会社荏原製作所 荏原バラード株式会社
 開発内容:家庭用燃料電池を使うコージェネレーション
      システムの準商用機-最新型の開発を完了した。
 実用化年:2004年度中の販売開始を目指す。
 
 <ニュースを読む>        
 開発した1㌔㍗級準商用機-最新型の総合効率は、93%です。
 総合効率とは、コージェネレーションシステムに投入した全
 エネルギーの内、利用される電気エネルギーと熱エネルギー
 に転換された割合の和をいい、次のようになります。

 燃料のもつエネルギー(100%)⇒化学反応⇒水素⇒電気化学反応
⇒電気エネルギー(35%)
⇒熱エネルギー  (58%)
⇒損失エネルギー( 7%)

 家庭用燃料電池は、5~10㌔㍗級の需要が見込まれます。
 それは、発電よりも熱(給湯、風呂、冷暖房)の利用に、
 エネルギーを多く使うことになるからとか。1㌔㍗級は、
 交番、電源車等災害対策用として採用されそうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.14

水素ステーション

 水素ステーション
 File No.10
 日  付:2004年4月13日日本経済新聞社
 用  途:燃料電池車用
 種  類:固体高分子形(PEFC) 
 燃  料:水
 製  造:三菱商事株式会社
 開発内容:水を電気分解して高圧水素を直接得る水素製造装置
        を独自に開発し、世界40カ国に特許申請した。
 実用化年:2005年中に商品化

 <ニュースを読む>
 水素ステーションは、水素製造装置、貯蔵タンク、圧縮装置、
 注入装置などから構成されます。記事によると、圧縮装置を
 必要としない為、建設コストを20~30%安くでき、夜間電力
 を使えば、水の電気分解でも都市ガスやガソリンに対抗でき
 るコストで水素の製造が可能となるそうです。電力会社は、
 マイクロガスタービンよりも発電コストの安い、燃料電池
 市場に積極的に参入することで、電力の自由化を乗り越え
 て欲しいものです。1,000~3,000㌔㍗級の大型燃料電池は、
 電力会社で世界的水準に高めて行くべき課題だと思います

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.12

水素ステーション

 水素ステーション
 File No.9
 日  付:2004年4月10日日本経済新聞社
 用  途:燃料電池バス用
 種  類:固体高分子形(PEFC) 
 燃  料:液体水素
 製  造:新日本製鉄株式会社 東邦ガス株式会社
       日本酸素株式会社
 開発内容:製鉄副生ガス(コークス炉ガス)から水素を精製。
        製造した液体水素を水素ステーションへ供給する。
 実用化年:2005年愛知万博の会場に建設

 <ニュースを読む>
 水素ステーションは、水素を輸送して貯蔵するオフサイト型と、
 都市ガスを改質して、水素をその場で製造するオンサイト型を、
 それぞれ建設するそうです。愛知万博で走行する燃料電池バス
 に水素を供給します。次は、空の玄関、関西空港に水素ステー
 ションを建設して、燃料電池リムジンバスを運行してはどう
 でしょう。さらに、高速道路のSAに水素ステーションを建設し、
 燃料電池バスを運行する構想等、民営化された日本道路公団
 から出てくると、水素ステーションの受注につながりそうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.06

水素ステーション

 水素ステーション
 File No.8
 日  付:2004年4月5日日本経済新聞社1面
 用  途:燃料電池自動車用
 種  類:固体高分子形(PEFC) 
 燃  料:高圧水素
 製  造:本田技研工業株式会社 昭和電工株式会社
       太平洋セメントグループ屋久島電工株式会社
 開発内容:水力発電による電力で、水素を製造する水素
        ステーションを屋久島に建設した。燃料電池
        車「FCX」の、公道走行テストを開始する。
 実用化年:2004年4月下旬より運営

 <ニュースを読む>       
 水力発電の電力で、水を電気分解して、水素を製造する
 自然エネルギーを利用した水素ステーションは、国内で
 初めてだそうです。ホンダはまた、太陽光発電による、
 燃料電池自動車用水素製造供給ステーションを、米国で
 建設し実証試験中です。循環型社会システムのモデル
 構築を目指し、水素の製造は、バイオスフィアでという
 条件が加わりそうですね。これから建設するダムには、
 必ず水力発電設備を設置するとよいと思います。

【トップページ】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2004 | Main | May 2004 »