« May 2004 | Main | July 2004 »

June 2004

2004.06.26

水素エネルギーの生産

File No.17
 日  付:2004年6月11日日本経済新聞社
 用  途:家庭用燃料電池
 種  類:固体高分子型燃料電池(PEFC)
 燃  料:有機ハイドライド
 製  造:国土交通省 北海道大学 株式会社日本製鋼所
 開発内容:家畜のふん尿や下水汚泥などバイオマスから水素を製造、燃料電池で発電するシステムの実験施設が完成した。
 実用化年:2006年度にも実用化を目指す
 <ニュースを読む>
 日本製鋼所のバイオガスプラントは、生ゴミやし尿、汚泥、
 畜糞などの有機系廃棄物を発酵させ、取り出したメタンガスを
 燃料として使うほか、残りの固形物を堆肥化して利用します。
 メタンガスは、シクロヘキサンやデカリンなどの液体有機ハイ
 ドライドに変換して貯蔵すると、高圧の水素貯蔵タンクは不要
 となり、必要に応じて発電が可能となります。燃料電池は、
 PEFCと並行して、市川教授の開発した有機ハイドライドを
 利用するリバーシブル直接型燃料電池システムを試作して
 みてはどうでしょう。二酸化炭素などの、温室効果ガスを排出
 することもなく、エネルギーの供給を実現できそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.23

SOFC

File No.16
 日  付:2004年6月2日日本経済新聞社
 用  途:業務用燃料電池
 種  類:固体酸化物形(SOFC) 
 燃  料:都市ガス、LPG、灯油
 製  造:アキュメントリクス社 住友商事株式会社 
      新日本製鐵株式会社
 開発内容:出力5㌔㍗の機種を、国内で開発、評価試験中
 実用化年:2005年度中に商品化
 <ニュースを読む>
 アキュメントリクス・ジャパンは、アキュメントリクス社のSOFC燃料電池コア部分を日本の燃料成分・市場要求に合わせて、発電特性、マルチ燃料対応、熱効率向上、コジェネレーション方式などを開発する日本初のSOFC燃料電池のジョイントベンチャーです。
 新日鐵は、小型商業用SOFC発電及びコジェネレーションシステム分野の技術開発を推進するため、同社の技術的事業パートナーとして資本参画致しました。SOFCの特長は、水素だけでなく一酸化炭素も燃料として使用できます。それは、水素イオンではなく酸素イオンで発電する電解質を使用するからです。また、高い温度で作動するため、排熱を利用したコジェネレーションシステムで高い発電効率・総合熱効率が期待されています。来年度からは、10㌔㍗、100㌔㍗級燃料電池の開発を進めるとしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »