« July 2004 | Main | September 2004 »

August 2004

2004.08.27

PEFC

 File No.22
 日  付:2004年8月25日日本経済新聞社
 用  途:二輪車用燃料電池
 種  類:固体高分子形燃料電池(PEFC)
 燃  料:高圧水素
 製  造:本田技研工業株式会社
 開発内容:「ホンダFCスタック」を搭載した
      燃料電池二輪車を開発しました。       
 
 <ニュースを読む>
 今回のモデルは、全世界で幅広い支持を得ている125cc
モーターバイクをベースとし、電動駆動部を後輪スイング
アームに集中配置しています。そして、自主開発した四輪
車用のホンダFCスタックを小型、軽量化し、車体中央部に
燃料電池システムを搭載しています。高圧水素タンクは、
 どこに格納するのかな?サイドカーに積載すると長距離を
走れそうです。その他にホンダは、次世代の二輪車として、
原付ハイブリッド二輪車(エンジンと電動モーター)、原付
電動二輪車(電動モーター)のモデルをHP上で公開して
います。バイクは、やっぱりスーパーカブだと思います。
燃費2倍のハイブリッド自動二輪車の発売はいつ頃でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.20

DMFC

 File No.21
 日  付:2004年8月14日日本経済新聞社
 用  途:携帯用燃料電池
 種  類:ダイレクトメタノール燃料電池(DMFC)
 燃  料:メタノール
 製  造:アルプス電気株式会社
 開発内容:小型マイクロポンプを開発しました
 
 <ニュースを読む>
 アクティブ型DMFC構成部品は、電解質膜、電極触媒、セパ
レータ材、カートリッジ、蓄電システム、送液ポンプ、送気ポン
プ、メタノール濃度センサー、残量センサー、インターフェース
などです。アルプス電気は、発電時に生成される水を還流させ
たり、燃料カートリッジからメタノールを補給したりする、小型マ
イクロポンプを開発しました。併せて、燃料を管理するメタノール
濃度センサー、残量センサーも開発したそうです。燃料電池の
発電部分(MEA)は、材料研究の段階です。そんな中、需要
 が高まると判断し、周辺機器の開発を優先した戦略は、新しい
創造をする企業ならではですね。ALPINEのカーオーディオ用
電源として、燃料電池を使えると、車のバッテリーの残量を
気にしないで音楽を楽しめそうです。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »