« December 2004 | Main | February 2005 »

January 2005

2005.01.31

水素エネルギーの生産

 File No.52
 日  付:2005年1月28日日本経済新聞社
 用  途:自動車用、家庭用燃料電池
 種  類:各種燃料電池
 燃  料:牛のふん
 製  造:北海道大学 北海道開発土木研究所
 開発内容:基礎化学原料のベンゼンや燃料電池用の水素を
      低コストで製造できる技術を開発した。
 継  続:No.17(2004年6月11日)の続報
 <ニュースを読む>
 北海道別海町別海資源循環試験施設(バイオガスプラント)で、
 牛のふんを発酵して得られたメタンガスを、ゼオライト触媒と
 反応させることによって、ベンゼンと水素が製造できたという
 ことです。北海道大学市川研究室で開発された、メタン直接
 改質法によるクリーン水素等の製造技術は、通常の天然ガス
 からの水蒸気改質法に比べ10分の1以下の投入エネルギーで
 水素を製造でき、二酸化炭素の排出もゼロだそうです。今回
 使った原料?は、30トンということで、大型プラントでの実証試験
 も成功し、実用化へ向け安定した稼動の研究を続けています。
 メタン直接改質法で製造した水素を使って、50~100㌔㍗の
 燃料電池による分散型発電の検討も進んでいるそうです。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.30

水素ステーション

 File No.51
 日  付:2005年1月27日日本経済新聞社
 用  途:自動車用燃料電池
 種  類:固体高分子形燃料電池(PEFC)
 燃  料:水素
 製  造:川崎重工業株式会社
 開発内容:水素運搬用のコンテナを国内で初めて開発した

 <ニュースを読む>
 輸送機器  高性能液体水素コンテナ
 供   給  液体水素(-253℃)
 方   式  工場で液体水素を製造し運搬してくる方式
 貯蔵タンク  容積14.65立方メートル 
 タンク構造  二槽構造、断熱材に積層真空断熱材    
 規   格   ISO規格 20フィートコンテナ 
 輸送距離  約600キロメートルの公道試験に成功
 
 水素は、液化して常温常圧の水素ガスの800分の1の容積に
 することで、高圧水素と比較して、大量の輸送量、貯蔵量を確保
 できます。液体水素コンテナの製造は、航空宇宙技術を応用し、
 運搬中の温度上昇による一日の蒸発量を0.7%以下にしました。
 将来は、鉄道や船舶による大量輸送を視野にいれているそうです。
 KHIは、燃料電池でプロペラを回すことにこだわって。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.25

BMW ワールド レコード

BMW-H2R_2004X2

Continue reading "BMW ワールド レコード"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PEFC

File No.50
 日  付:2005年1月18日日本経済新聞社
 用  途:家庭用、自動車用燃料電池
 種  類:固体高分子形燃料電池(PEFC)
 燃  料:水素
 製  造:株式会社 精工技研 株式会社 FJコンポジット
 開発内容:燃料電池セパレータの量産技術を開発
 実用化年:年内にも製品供給を始める
 <ニュースを読む>
 燃料電池の単セルは、高分子膜に燃料極と空気極を熱圧縮
 により接合して、膜・電極接合体(MEA)を作り、その外側の
 両面にセパレーターをはさむ構造です。セパレータは、
 水素や酸素を供給する燃料電池の中核部品です。これまで
 カーボン板を1枚ずつ切削加工する製法でした。精工技研は、
 量産に向けた製造技術を確立できる、金型による成形試作
 に成功しました。FJコンポジットは、カーボンと熱硬化性
 樹脂の粉末を混合し複合材料を開発しました。共同開発した
 セパレータは、強度、電気抵抗、ガス透過性に優れており
 成形時間を大幅に短縮したことから、コスト低減が図れます。
 セパレータに彫ってある溝は、反応ガスや冷却水の通路に
 なっていたのですね。単セルを何枚も重ね合わせたスタック
 ならば、ハニカム構造のスタックもできそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.21

水素エネルギーの生産

File No.49
 日  付:2005年1月17日日本経済新聞社
 用  途:自動車用、家庭用燃料電池
 種  類:各種燃料電池
 燃  料:水
 製  造:日本原子力研究所
 開発内容:高温ガス炉による水素生産
 実用化年:2020年ごろの実用化をめざす
 <ニュースを読む>
 水から水素を製造する技術は、電気分解法、熱化学分解法、
 太陽光分解法に大別されます。電気分解法は、発電コスト
 の安い国の水力発電所で、商用プラントが稼動しています。
 高温ガス炉による水素製造は、熱で水から水素を取り出す
 熱化学分解法です。冷却材のヘリウムガスは、原子炉の熱
 で、800℃~1000℃にも達します。この高温のガスを水素
 製造プラントに送りISプロセス法という化学反応によって
 水から水素を製造します。日本原子力研究所は、HTTR
(高温工学試験研究炉)水素製造システムの実証試験中です。
 水から水素を製造するには、コストという壁があリ、ここに、
 独創的な天才の発想が求められています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.09

PEFC

File No.48
 日  付:2005年1月8日日本経済新聞社
 用  途:家庭用燃料電池
 種  類:固体高分子形燃料電池(PEFC)
 燃  料:都市ガス
 製  造:積水ハウス株式会社 東京ガス株式会社
 開発内容:一戸建て住宅に家庭用燃料電池を設置する
 実用化年:2005年3月から販売する
 <ニュースを読む>
 積水ハウスは、東京都武蔵野市で、家庭用燃料電池設置の
 住宅を7戸販売すると発表しました。購入者は、東京ガスと
 「FCパートナーシップ契約」を結ぶ必要があります。期間は、
 10年間のリース契約で、価格は100万円です。二酸化炭素
 の発生を抑制でき、光熱費も、低減できるとしています。
 燃料電池をもっと身近に感じてもらうために、燃料電池の
 教材を展示会場に置いてみてはどうでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.08

DMFC

 File No.47
 日  付:2005年1月7日日本経済新聞社
 用  途:携帯用燃料電池
 種  類:直接メタノール形燃料電池(DMFC)
 燃  料:メタノール
 製  造:日本原子力研究所 日東電工株式会社
 開発内容:電解質(高分子膜)の量産技術を開発した
 実用化年:2005年後半にもサンプル出荷を始める
 <ニュースを読む>
 開発したのは、メタノールを燃料に使うマイクロ燃料電池の
 電解質膜の製造技術です。フッ素系樹脂に放射線を二度照射
 してスルホン化することにより、電気が流れやすくて丈夫な
 構造を実現しました。フッ素系樹脂のイオン交換膜は、メタ
 ノールが、燃料極から空気極へ水素イオンと一緒に透過して
 しまい、燃料電池の発電効率を下げてしまう等の問題点があ
 りました。今回、放射線グラフト重合法を利用した製造技術
 により、電解質膜は、6倍の耐久性をもつとともに、市販膜と
 比較して電気伝導度が2倍と効率よく、高メタノール濃度下
 でのメタノール透過速度が10分の1と、劣化の少ない高性能
 の電解質膜を開発することに成功しました。 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »