« PEFC | Main | PEFC »

2005.02.26

PEFC

 File No.55
 日  付:2005年2月22日日本経済新聞社
 用  途:自動車用燃料電池
 種  類:固体高分子形燃料電池(PEFC)
 燃  料:高圧水素
 製  造:日産自動車株式会社
 開発内容:燃料電池スタックを日産として初めて自社開発した。
 継   続:No.7(2004年3月30日)の続報
 <ニュースを読む>
 燃料電池スタックと高圧水素容器の特徴
 ○小型・高出力
 新開発の薄型セパレータを採用。スタック内部の配管部品
 を統合。周辺の制御装置の内蔵化等で約40%小型化した。
 ○長寿命
 電極材料の改良。従来比2倍以上の寿命を達成した。
 ○スタック運転領域の拡大
 電解質膜の改良。スタック内の水素と空気の流れを最適化
 することにより、スタックが発電できる温度領域等を拡大。
 ○70Mpa高圧水素容器
 70Mpa高圧水素容器を新たに開発した。従来の35Mpa高圧水素
 容器に比べ、水素貯蔵量を約30%増加させることができた。
 ○航続距離を500㌔㍍程度に伸ばすことが可能となった。
 今後、車両評価を開始し、加速性能や航続距離といった燃料
 電池自動車として求められるトータル性能と信頼性を高める。
 
 日産自動車のサステナビリティレポートは、優秀らしい。
 地球環境に配慮した事業運営を行う企業、特殊法人は、数年
 以内に作成して、毎年継続報告するようになると信じています。
【トップページ】

|

« PEFC | Main | PEFC »

3.PEFC」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference PEFC:

« PEFC | Main | PEFC »