« PEFC | Main | PEFC »

2005.02.27

マイクロPEFC

 File No.57
 日  付:2005年2月23日日本経済新聞社
 用  途:携帯用燃料電池
 種  類:マイクロ固体高分子形燃料電池(μPEFC)
 燃  料:水素
 製  造:日本電信電話株式会社
 開発内容:水素を直接燃料に使う携帯電話用小型燃料電池を開発
 実用化年:2~3年後に実用化のメドをつける計画
 <ニュースを読む>
 今回試作したマイクロPEFCは、リチウムイオン電池と置き換え可能なレベルの高出力を実現しています。加えて発電部と水素吸蔵合金タンクの一体化や電気回路の簡素化などにより、携帯電話に直接搭載可能な外形寸法、42mm×80mm×13mm重量104gとなっており、9時間の通話が可能です。さらに、発電部の面積を変えることで、デジカメ、PDA、ノートパソコンなど多様な携帯用電子機器に幅広く適用可能です。NTTは、DMFCよりマイクロPEFCの方が、発電部の単位面積あたりの出力密度が高く、二酸化炭素を排出しないことから有利とみており早期の実用化を目指しています。
 ・プレゼンス
 Most manufacturers' conventional fuel cells for mobile products use methanol as a fuel. It therefore came as a surprise when Canon Inc announced a fuel cell that uses hydrogen gas as a fuel in December 2004. Despite many hurdles to overcome before commercialization, such as establishment of the hydrogen gas supply chainand product safety matters, hydrogen gas has increasingly been attracting attention as a fuel for mobile products. (NE Asia Online)

|

« PEFC | Main | PEFC »

4.マイクロPEFC」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13720/3093180

Listed below are links to weblogs that reference マイクロPEFC:

« PEFC | Main | PEFC »