« October 2005 | Main | December 2005 »

November 2005

2005.11.15

PEFC

 File No.68
 日  付:2005年11月15日
 用  途:家庭用燃料電池
 種  類:固体高分子形燃料電池(PEFC)
 燃  料:都市ガス、LPガス
 製  造:株式会社荏原製作所       
      三洋電機株式会社 
      東芝燃料電池システム株式会社 
      松下電器産業株式会社 
 開発内容:新エネルギー財団は、定置用燃料電池大規模
        実証事業第2期分305台の交付を決定
 実用化年:平成17年度内に設置する
 <ニュースを読む>
 本事業は、第1期分として全国で175台の燃料電池を設置しました。第2期分の305台と合わせて480台を年度内に設置予定です。第1期分の運転評価データは、新エネルギー財団のホームページに結果を載せています。
平成17年度第2期定置用燃料電池大規模実証事業
 ===========================
 実施者        メーカー             件数
 ===========================
 東京ガス       松下電器産業         30台
             荏原製作所          53台
 ---------------------------------------------------
 大阪瓦斯      三洋電機            25台     
             東芝燃料電池システム   10台
 ---------------------------------------------------
 東邦ガス      荏原製作所          12台
 ---------------------------------------------------
 西部瓦斯      荏原製作所          10台
 ---------------------------------------------------
 新日本石油     三洋電機           90台
 ---------------------------------------------------
 出光興産      東芝燃料電池システム   25台 
 ---------------------------------------------------
 ジャパンエナジー  東芝燃料電池システム   18台
 ---------------------------------------------------
 岩谷産業       東芝燃料電池システム   10台
 ---------------------------------------------------
 コスモ石油      東芝燃料電池システム   10台
 ---------------------------------------------------
 カマタ         東芝燃料電池システム   6台
 ---------------------------------------------------
 昭和シェル石油   東芝燃料電池システム   6台
 ---------------------------------------------------
                   合計        305台 

 今年度から始まった、定置用燃料電池大規模実証事業は、1kW級です。将来有望な輸出商品として考えると家庭用燃料電池は、5kW級。また、学校や店舗向けの業務用は10kW級で、フィールド試験が行われているようです。等級別に、助成事業を拡大した方が良いと思いますがどうでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.08

水素エネルギーの生産

 File No.67
 日  付:2005年11月8日 日本経済新聞社
 用  途:携帯用燃料電池
 種  類:固体高分子形燃料電池(PEFC)
 燃  料:メタノール、エタノール他
 製  造:株式会社 ジーエス・ユアサ コーポレーション
 開発内容:反応温度の低い(100℃以下)水素製造方法を発見
 実用化年:小型の水素製造装置を2年後をめどに開発する
 <ニュースを読む>
 新たな水素製造法は、メタノールと空気の反応を利用する
 燃料電池を、空気の供給量を通常の十分の一程度に抑え、
 100℃以下の温度で電気化学反応させると電極に水素が
 発生するというものです。従来の水蒸気改質法に比べ
 次のような特長があります。
 1.低温(30℃~90℃)で水素製造が可能
 2.外部からの電気エネルギー供給不要
 3.生成ガスに一酸化炭素を含まない(1ppm未満)
 4.メタノール以外の燃料も利用可能
 5.水素製造装置を小型化しやすい

 同社は、新たな水素製造装置と、水素を燃料とする燃料
 電池を組みあわせてノートパソコン等の携帯機器の電源
 として実用化する計画です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.01

小型燃料電池

 File No.66
 日  付:2005年10月25日 日本経済新聞社
 用  途:携帯用燃料電池
 種  類:小型燃料電池(マイクロPEFC)
 燃  料:水素
 製  造:キヤノン株式会社
 開発内容:水素を直接供給する小型燃料電池を開発
 実用化年:3年後の実用化を目指す
 <ニュースを読む>
 キヤノンは、小型燃料電池事業に参入する。小型プリンター、デジタルカメラ、携帯端末などに使える大中小3種類のサイズの燃料電池を開発した。燃料となる水素は、カートリッジ内の水素吸蔵合金に蓄え、電池部分と組み合わせ、二酸化炭素を全く排出しないように発電する。カートリッジは、リユース(再利用)する方式や、販売拠点で水素を充填する方式が考えられるという。
 
 Canon EXPO 2005では、小型燃料電池で動く、デジタル一眼レフカメラの試作機を公開した。水素を酸素と直接反応させるため、稼動効率も高く、水素1回の充填で稼動する時間は、同じ大きさのリチウムイオン電池と現段階でほぼ同等という。製品化にあたっては、さらに発電効率を高め、現在多くのデジカメで使われているリチウムイオン電池の約3―5倍の電池寿命を実現する。(IT PLUS)
 携帯用燃料電池は、モトローラ社が、金属のガスボンベを使うのは重いということで、メタノールから水素を取り出して発電するDMFC方式が主流となりました。将来は、メタノールより軽く、水素密度の高い、先端材料(軽量金属水素化物やカーボンナノチューブ等)の水素貯蔵技術を使う小型燃料電池を目指している。

Continue reading "小型燃料電池"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »