« 稲妻から水素を生成? | Main | 水素エネルギーの生産 »

2005.12.28

DMFC

 File No.71
 日  付:2005年12月16日 日本経済新聞社
 用  途:携帯用燃料電池
 種  類:ダイレクトメタノール燃料電池(DMFC)
 燃  料:メタノール
 製  造:東レ株式会社 
 開発内容:炭化水素系の電解質膜を開発
 実用化年:2007年の実用化を目指す
 <ニュースを読む>
 電解質膜は、米デュポン社のナフィオンなど、フッ素系高分子材料が使われています。フッ素系電解質膜は、水素イオンが透過する際、メタノールも同時に透過しやすいという(メタノールクロスオーバー)問題があり、発熱や発電性能低下の原因となっていました。東レは、従来の電解質膜を詳細に解析した結果、ポリマー中に存在する水が、クラスタと呼ばれる構造で存在しており、このことがプロトン伝導だけでなく、メタノール透過も促進していることを見出し、クラスタの無い構造での電解質膜を開発しました。従来のフッ素系電解質膜と比較して、水素イオンの伝導度を損なうことなくメタノールクロス オーバーを1/10以下に低く抑えた炭化水素系電解質膜を作る事に成功しました。

 メタノールクロスオーバーを1/10に低減した炭化水素系電解質膜を使って、燃料電池を試作したところ、高出力と耐久性を実証できました。
 東レは、控えめに書いているけれど、これ世界最高レベルなんだよ。

|

« 稲妻から水素を生成? | Main | 水素エネルギーの生産 »

2.DMFC」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference DMFC:

« 稲妻から水素を生成? | Main | 水素エネルギーの生産 »