« MCFC | Main | PEFC »

2006.02.16

50万キロワット級水素発電所の建設計画

 2006年2月12日 日本経済新聞社より
 
 英BPと米エジソン・インターナショナルは、2011年までに、カリフォルニア州に大型の水素発電所を建設します。発電量は50万キロワットで、32万5千世帯に送電できる規模です。水素発電所は、コークスから水素を生成し、これを燃焼させてガスタービンを回します。水素を生成する工程で発生する二酸化炭素は、オキシデンタル石油が、パイプで地下の油田に注入します。これは、二酸化炭素を半永久に閉じ込めると同時に、地下に固まった原油の粘度を下げて溶出させる効果があり、原油の増産を狙っています。
 
 このプロジェクトのプレゼンテーション用アニメをどうぞ。
   bpalternativenergy/Hydrogen Power
 英スコットランドでも同様の建設計画が進んでいます。

 BPは、天然ガスから水素を取り出して、電気を起こす世界初の工業用プロジェクトDF1(Decarbonized Fuels 1)を展開しています。このプロジェクトは、北海フィールドから天然ガスを採掘。それを水素と二酸化炭素に改質し、水素は、スコットランドの発電所で燃料として使用します。発電量は、35万キロワット、25万世帯に送電できます。一方、二酸化炭素は、海底油田にパイプラインで注入され貯蔵します。二酸化炭素の注入による効果は、原油増進回収法(EOR技術)として原油の増産が実証されています。

 decarbonised_flash_375x


出典:ブリティッシュ・ペトローリアム(BP)

【トップページ】


|

« MCFC | Main | PEFC »

8.創造的水素燃料電池」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 50万キロワット級水素発電所の建設計画:

« MCFC | Main | PEFC »