« 水素自動車 | Main | メタノール改質型燃料電池 »

2006.04.06

燃料電池列車

 世界初となる燃料電池列車 「NEトレイン(New Energy Train)」(フジサンケイ ビジネスアイ4月5日の記事より)
 JR東日本は、環境にやさしい車両NEトレインの開発を進めています。その第1ステップとして、軽油を燃料とするディーゼルエンジンと、発電機を組み合わせたハイブリッドシステムの試験車両を2003年に開発し、現在走行試験を行なっています。そして第2ステップとして、水素を燃料とする燃料電池列車の開発を進めており、まもなく完成する予定です。

 試運転のための燃料電池列車は、1両に65キロワットの燃料電池を2台搭載し、時速100キロで走行することができます。
Netrain
ハイブリッド気動車キヤE991形  「NEトレイン」(Wikipedia) 

【トップページ】

|

« 水素自動車 | Main | メタノール改質型燃料電池 »

8.創造的水素燃料電池」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 燃料電池列車:

« 水素自動車 | Main | メタノール改質型燃料電池 »