« マイクロ燃料電池 水から水素抽出 | Main | SOFCとマイクロガスタービンの複合発電運転に成功 »

2006.09.02

自動車用燃料電池 水を取り除く電極材料

 File No.81
 日  付:2006年7月28日 日本経済新聞社
 用  途:自動車用燃料電池
 型  式:固体高分子形燃料電池(PEFC)
 燃  料:水素
 製  造:東京大学、トヨタ自動車株式会社
      株式会社コンポン研究所
 開発内容:燃料電池の性能向上につながる新しい電極材料を開発
 <ニュースを読む>
 自動車や、家庭用電源として開発が進む固体高分子形燃料電池は、劣化の原因となる水分を、電極の表面からどう取り除くかが性能を高める要因となります。
 新しい電極材料は、金属のコバルトを含んだ化合物の薄膜で、ナノメートルサイズの小さな穴がたくさん開いたカゴ状の構造物です。薄膜を作るには、ナノテクノロジーの一つである 「自己組織化」とよばれる技術を使っています。
 基礎実験では、新材料の無数の小さな穴から、水分が外へ排出されやすくなり、燃料電池として働くことが確認できました。今後どれだけ性能を向上できるかトヨタは、藤田 誠教授の研究室で共同研究を進めていきます。

|

« マイクロ燃料電池 水から水素抽出 | Main | SOFCとマイクロガスタービンの複合発電運転に成功 »

3.PEFC」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自動車用燃料電池 水を取り除く電極材料:

« マイクロ燃料電池 水から水素抽出 | Main | SOFCとマイクロガスタービンの複合発電運転に成功 »