« SOFCセルの開発 | Main | 第3回 国際水素・燃料電池展  »

2007.01.29

世界で最小クラスのSOFC

 File No.88
 日  付:2007年1月25日日本経済新聞社
 用  途:家庭用燃料電池
 種  類:固体酸化物形燃料電池(SOFC)
 燃  料:都市ガス
 製  造:大阪ガス株式会社 京セラ株式会社
 開発内容:都市型小規模住宅にも設置可能な出力700Wの
       燃料電池コージェネレーションシステムを開発
 実用化年:2008年度に商品化を目指す。
 <ニュースを読む>
 大阪ガスと京セラは、個人住宅向けの燃料電池コージェネレーション(熱電併給)システムを共同で2008年度に商品化すると発表しました。両社はこれまで1キロワットを発電するコージェネシステムを共同開発して実証試験を行ってきました。より小型で住宅でも環境性・経済性のメリットを充分に発揮できる700ワットの機種に変更して商品化します。
 本システムの特長は以下のとおりです。

 1. 発電ユニットの大幅な小型化を実現
 (1) セルの薄型化とセルスタックのコンパクト化
 厚みを3mmから2mmに薄型化した新型セルを開発するとともに、セルスタック(セルの集合体)の構成を、従来の200セルから126セルにすることで、大幅なコンパクト化を実現しました。
 (2) 発電ユニットの構成の簡素化
 発電モジュール(セルスタックや改質器が内蔵された金属性の容器)へ空気を供給するための空気導入部を、発電モジュールの筐体と一体構造とすることなどにより、発電ユニットの構成を簡素化しました。
 これらの結果、発電ユニットは、1kW機に比べ容積で約50%の小型化を実現しました。

 2. 排熱利用給湯暖房ユニットの薄型化
 貯湯タンク容量の適正化や補助ボイラーのレイアウトを変更し、都市型小規模住宅への設置に適した奥行き330mmの薄型排熱利用給湯暖房ユニットを開発しました。

 3. 発電出力700W機で、発電効率45%(AC送電端効率、LHV)、排熱回収効率30%以上を達成
 設置性向上のための小型化と、お客さまの経済性、環境性のメリットの創出を検討し、定格出力を1kWから700Wに変更しました。この新型機での性能評価を実施した結果、開発目標の発電効率45%以上、排熱回収効率30%以上を達成しました。

大阪ガス株式会社プレスリリース
http://www.osakagas.co.jp/Press/pre07/070125.htm

|

« SOFCセルの開発 | Main | 第3回 国際水素・燃料電池展  »

5.SOFC」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界で最小クラスのSOFC:

« SOFCセルの開発 | Main | 第3回 国際水素・燃料電池展  »