« July 2007 | Main | September 2007 »

August 2007

2007.08.24

ソニー ぶどう糖で発電するバイオ電池を開発

 File No.95
 日  付:2007年8月24日 日本経済新聞社
 用  途:携帯音楽プレイヤー「ウォークマン」
 種  類:バイオ電池
 燃  料:ブドウ糖
 製  造:ソニー株式会社
 開発内容:ブドウ糖を使って発電する新方式の電池を開発

 <ニュースを読む>
 ソニーは、植物に含まれる栄養源であるぶどう糖を酵素で分解して活動エネルギーを取り出す生物のしくみを応用し、電気エネルギーを取り出して発電するバイオ電池を開発しました。
 今回試作したバイオ電池は、パッシブ型バイオ電池の基礎研究成果として、50mWの世界最高出力を達成しています。また、試作したバイオ電池を使って、ウォークマンによる音楽再生を実現しました。

■今回開発したバイオ電池のしくみ
Qfhh7c00000dzvip_3
バイオ電池は、ぶどう糖を分解する酵素と電子伝達物質を固定化した電極(負極)と、酸素を還元する酵素と電子伝達物質を固定化した電極(正極)で、セパレーターを挟んだ構造になっています。
酵素 : (負極側)グルコースデヒドロゲナーゼ、ジアホラーゼ
     (正極側)ビリルビンオキシダーゼ
負極側では、外部からぶどう糖の水溶液を取り込み、ぶどう糖を酵素で酸化分解する際に電子と水素イオンを取り出します。水素イオンはセパレーターを介して、負極側から正極側に移動します。正極側では、空気中の酸素を取り込み、電子と水素イオンによる還元反応によって水が生成されます。この一連の電気化学反応を通じて、電子が外部回路を移動する際に、電気エネルギーが取り出されます。
ソニー株式会社 http://www.sony.jp/

”バイオ電池”は、ウォークマンより砂糖水を栄養源とする昆虫ロボットを動かしてほしかったな。キーワード "Biofuel Cell"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「JHFC大阪水素ステーション」が開所します

 File No.94
 日  付:2007年8月21日 日本経済新聞社
 用  途:燃料電池自動車、水素自動車
 種  類:定置式水素ステーション
 燃  料:天然ガス
 製  造:大阪ガス株式会社
 開発内容:燃料電池車用の水素供給施設を大阪市に開設

 <ニュースを読む>
 大阪ガス株式会社が、JHFCプロジェクトにおいて、商業地域における日本初の定置式水素ステーションとして建設を進めてきた「JHFC大阪水素ステーション」が、8月23日に開所致します。当社は今後、燃料電池自動車への水素充填などの運用を通じた実証を開始します。

 【大阪水素ステーションの特徴】
 1. 水素ステーションの多目的利用を実証
 水素ステーションの稼働率向上を図るため、燃料電池自動車以外に燃料電池車椅子や燃料電池カートなどの小型移動体や、定置式燃料電池へも水素供給を実施することにより、水素ステーションの多目的利用の実証を行う予定です。

 2. 都市ガスインフラを利用した「天然ガス改質型水素ステーションシステム」の確立
 当社が開発し、従来比50%まで小型化した水素発生装置【商品名:HYSERVE(ハイサーブ)】を活用し、既存のインフラである都市ガスから改質して水素を作り出すことで、省スペースでかつ効率的な水素供給システムの確立を目指します。

 3. 日本初の都市部における水素供給実証で広く一般の認知度を向上
 これまでの水素ステーションの実証は、法規制の関係上主に工業地域で行われてきましたが、大阪水素ステーションは規制緩和された新基準に沿って設計、建設が行われており、定置式水素ステーションとして日本で初めて商業地域(大阪市中央区)に建設されました。
 この日本初の都市型水素ステーションの運用により、広く一般に水素エネルギーの認知度の向上を図ります。
 大阪ガス株式会社 http://www.osakagas.co.jp/

070821_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.15

固体酸化物形燃料電池の実証研究

 File No.93
 日  付:2007年7月10日 日本経済新聞社
 用  途:1キロワット級家庭用燃料電池
 型  式:固体酸化物形燃料電池(SOFC)
 燃  料:都市ガス、LPガス、灯油
 製  造:京セラ株式会社
      新日本石油株式会社
      TOTO株式会社 
 開発内容:新エネルギー財団は、従来品に比べて発電効率を
      25%高められるSOFCの実証試験を始める。 

<ニュースを読む>
次世代型燃料電池 実証研究へ 7月9日 NHKニュース

新日本石油によりますと、実証研究は、ことし12月から始められ、灯油とプロパンガスから取り出した水素を、酸素と反応させて発電します。
従来の燃料電池に比べ、水素を取り出す装置の構造が単純で、発電効率がより高いほか、発電の際に発生する熱を利用して得られる温水の温度も、これまでの最高65度から100度近くにまで上げることができるということです。
新日本石油では、この燃料電池を一般住宅に実際に設置して、半年から1年間かけて実証研究を行い、機器の耐久性などを確認することにしています。
この実証研究は、新エネルギー財団が各企業に助成する形で行われ、新日本石油のほかに「京セラ」や「TOTO」など6社が、都市ガスを原料にした同じタイプの燃料電池の研究を進める計画です。
燃料電池が普及するには、導入の費用を安くすることや、装置の小型化などの課題も多く、今回の研究を通じて普及に向けた技術開発が進むかどうかが注目されます。

平成19年度「固体酸化物形燃料電池実証研究」

運転試験者 SOFCシステム 燃料種  台数 定格出力 
大阪ガス     京セラ     都市ガス   20  1KW級
東京ガス     京セラ     都市ガス    3  1KW級
北海道ガス   京セラ     都市ガス    1  1KW級
西部ガス     京セラ     都市ガス    1  1KW級
新日本石油    新日本石油   LPG     1  1KW級
新日本石油    新日本石油   灯油     1  1KW級
TOTO       TOTO     都市ガス    2  2KW級
                    合計     29
出力:1KW級 (原則として0.5~10KW程度)

070125_1
■SOFCコージェネレーションシステムの仕様
【発電ユニット】
メーカー 京セラ株式会社   http://www.kyocera.co.jp/
使用ガス 都市ガス
発電出力 定格 700W
発電効率 定格 45%(LHV)
排熱回収熱量 定格 470W
排熱回収効率 定格 30%(LHV)
排熱回収温度 定格 75℃

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »