« マツダ RX-8水素自動車を30台納入へ | Main | HALE UAV 高々度水素エンジン航空機の開発 »

2007.11.19

Honda Debuts All-New FCX Clarity

File No.99
 日  付:2007年11月16日 日本経済新聞社
 用  途:燃料電池車
 種  類:固体高分子形燃料電池(PEFC)
 燃  料:水素
 製  造:本田技研工業株式会社
 内  容:新型の燃料電池車を公開
 実用化年:2008年に日米でリース販売

 <ニュースを読む>
ホンダは、2008年から日米でリース販売する新型燃料電池車「FCXクラリティ」を公開した。1回の水素充てんあたりの走行可能距離は570キロメートル。水素1キログラムあたりで走る距離は現行の20%増の約110キロメートルに増えた。積載できる水素量も増やし、1回の充てんあたりの距離を延ばした。一般的な中小型のガソリン車では満タンで500キロメートル前後の走行が可能。燃料電池車普及の課題の一つだった走行距離の短さは克服されてきた。
Honda_fcx
FCXクラリティ 主要諸元(US仕様)
【乗車定員】 4名
【モーター】最高出力 100kW
 最大駆動トルク 256N・m
 種類 交流同期電動機
【燃料電池スタック】V Flow FCスタック
 形式 PEMFC(固体高分子膜型)
 出力 100kW
【燃料】種類 圧縮水素ガス
 貯蔵方式 高圧水素タンク(350気圧)
 タンク容量 171L
【寸法】(全長×全幅×全高 mm) 4,835×1,845×1,470mm
【車体重量】 1,625kg
【最高速度】 160km/h
【エネルギー貯蔵】 リチウムイオンバッテリー
 ※ 数値は、すべてHonda測定値

FCXクラリティ 「V Flow FCスタック」
新しいセル構造を採用したV Flow FCスタックは、100kWの高出力を達成するとともに、従来のHonda FCスタックに比べて容積出力密度で50%、重量出力密度で67%向上し、飛躍的な軽量・コンパクト化を実現している。
出典:http://www.honda.co.jp/news/2007/4071115a.html
http://world.honda.com/FuelCell/FCX/

|

« マツダ RX-8水素自動車を30台納入へ | Main | HALE UAV 高々度水素エンジン航空機の開発 »

3.PEFC」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Honda Debuts All-New FCX Clarity:

« マツダ RX-8水素自動車を30台納入へ | Main | HALE UAV 高々度水素エンジン航空機の開発 »